ディーラーも驚く車の売却方法

中古車を購入して売却する時の注意点

車売却のケースは、本当に多彩なものです。
中にはちょっと複雑な事例もあります。

 

中古車を買って売却する事例などは、複雑ですね。

 

例えばAさんという方が、中古車を購入したとしましょう。
以前の中古車の持ち主は、Bさんだったとします。
そしてAさんはある程度長い期間中古車を使用したので、
ある買取業者に対して査定を依頼したとしましょう。

 

ちなみにAさんは、持っていた車に対する事故などを
起こした事は全くないとしましょう。
そこでAさんは、買取業者に対して
事故を起こした事は無いと伝えます。
そして車の買取金額が80万円と伝えられたので、
それに特に不満はなかったAさんは業者に対して車を売却したとします。

 

ところが数日後に業者から電話がかかってきて、
事故の形跡が見られましたという連絡が発生するケースがあるのです。
事故を全く起こした事が無いAさんにとっては、それは寝耳に水ですね。

 

しかも業者からは「事故歴を偽った」と言われてしまうので、困惑してしまう事例があるのだそうです。
このような場合、AさんではなくBさんが事故を起こしている可能性があります。
しかしAさんとしてはBさんの事故情報は分かりませんので、
事故歴はなかったと伝えるしかありませんね。Aさんとしては、困ってしまうでしょう。

 

このようなトラブルを防止するためには、業者ときちんと約束をしておくのが大事だと思います。
この場合はBさんが事故を起こした可能性がある訳ですから、業者に車を売る段階で「中古ですので、
事故を起こしているかどうかは分かりません」と伝えた方が良いと思います。

 

 

 

 

そして更に「後日事故の事実が発覚したとしても、契約解除手続きには
応じません」などと伝えておいた方が良いのではないでしょうか。
別オーナーによって使われていた車を売却する際には、
このようにちょっと一言付け加えるのが大事です。


 

車の買取金額を左右する要素が様々ですが、中でも走行距離と年式は非常に大事なポイントになります。
前者の走行距離ですが、一般的には10万キロを超えているかどうかが大きなポイントですね。

 

15万キロなどを越えていれば、さらに買取金額が厳しくなる傾向があります。また後者の年式ですが、総じて10年落ちの車などはちょっと厳しい傾向があります。業者によってはそのような車の買取は困難で、有料引き取りとなってしまう事もあるからです。ですので年式や走行距離が厳しい車の場合、業者をよく選ぶのが大事になります。

 

過走行の車でも買取可能なワイズプロジェクト

 

ところで埼玉地域には、ワイズプロジェクトという業者があります。主に埼玉エリアで車の買取を行っている会社なのですが、前述のような状況でも買い取り可能な業者の1つです。ちなみにその業者は、主に輸入車を買い取っています。

 

まず走行距離の方ですが、ある程度走り込んでいる車でも買取可能だそうです。独自の売却ルートがありますので、多少走り込んでいても買取はできるようですね。

高年式でも買取は可能

 

それと前述の年式ですが、ワイズプロジェクトの場合はそのような車でも特に問題は無いようです。他の業者ではなかなか値段が付かなくても、この業者では値段が付いている事もあるようです。

 

何も年式や走行距離に限らず、他の状況でも買取はできるそうです。動かなくなってしまっていたり、車検が切れているような車でも、その業者では買い取れるようですね。

 

【L880K型】初代コペン買取相場

 

ですので「さいたまエリアで高年式や過走行の車でも買い取ってくれる業者を探している」ようであれば、ちょっとワイズプロジェクトで査定を受けてみると良いと思いますね。かなりの老舗の業者でもありますし、買取り金額は期待できると察します。

続きを読む≫ 2015/01/03 09:32:03

車の査定額と年式は、非常に大きな関係があります。年式が新しい方が、もちろん査定額も有利な傾向がありますね。

 

基本的には6年落ちや10年落ちの車などは、ちょっと売却額も厳しくなる傾向があります。10年落ちの車などは、車種によっては査定額をつける事自体難しい事もあるそうです。そのタイプの年式の場合は、10万円台や20万円台という査定額が付く事が多いようですね。

 

ただし、最近はちょっと例外もあります。というのも最近自動車に関する規制が、色々と変化してきているのです。
例えば騒音に対する規制があります。自動車にはもちろんマフラーが付いていますが、あそこから騒音が出るようになっていますね。ところが最近はマフラーに対する規制が厳しくなってきているのです。その規制は、年式と大きな関係があります。

 

マフラーの規制は、年式が新しい車ほど厳しい傾向があるようですね。逆に年式がやや古い車の場合は、それほど厳しく規制をしていない場合があります。ですので年式が古い車であっても、買取り業者によっては高い金額をつけてくれるケースがしばしばあります。

 

ただ買取り業者にも色々ありますね。騒音に関する規制をよく知っている業者もあれば、そうでない業者もあるでしょう。どちらの方が査定額が高めになるかと言えば、やはり前者だと思います。ですので車の買取を依頼する際には、やはり業者を選ぶのがとても大事なのですね。
ただマフラーに関する規制をインターネットだけで調べるのが、少々難しいと思います。業者の公式サイトを見ても、その点に関してはあまり明示されていない事が多いからです。
オデッセイ 買取

 

手っ取り早いのは、やはり一括査定サイトではないでしょうか。やはり複数の業者の金額を比べるのが、車買取の一番の基本ですね。

続きを読む≫ 2014/12/05 18:11:05

ヤフオクなどで車を売却するのであれば、自力で行わなければならない事が幾つかあります。その1つは、契約書ですね。

 

車買取店に車を売った時には、必ずと言って良いほど契約書を読む事になります。その書面には非常に大事な事が書かれていますので、よく目を通しておいた方が良いですね。特に二重査定の有無などは、かなり大事なポイントだと思います。

 

車買取の場合は、その契約書は業者が作ってくれています。ところがネットオークションで車を売るとなると、それを自力で作らなければならないのです。
ではどうやってそれを作るかというと、やり方は色々ありますね。人によっては、ちょっと雛形をダウンロードしている方もいらっしゃるそうです。ネットで契約書の雛形を入手して、その文面をヤフオクでの売却用に書き換えている方もいらっしゃるようですね。

 

そして契約書を作る以上は、もちろんその書面に記載されている内容は全て理解しておく必要があるでしょう。なぜなら落札者からの質問が想定されるからです。その質問に答えることができるよう、自分でも作った書面の内容をよく確認しておくべきでしょう。

 

ですので車買取の業者に比べると、確かにヤフオクなどの方が手間がかかりますね。自力で作らなければならないからです。
ただ個人的には、一度はその書類を作ってみた方が良いと思います。ヤフオクでなく車買取業者に車を売るのを検討しているとしても、一度はその契約書作りを経験してみた方が良いと思いますね。

 

なぜなら契約書を作ってみると、契約書の読み方のようなものが見えてくると思われるからです。一度契約書を作ってその目線を理解しておくと、買取り業者から発行された契約書を読む時にも大いに役に立つでしょう。
ハリアー 買い取り

 

ただ確かに手間はかかりますね。しかし後々のトラブルを防止する意味でも、一度は契約書作りを経験してみると良いかなと個人的には思います。

続きを読む≫ 2014/11/27 18:50:27

中古車の買取を行っている業者の1つに、オンリーワンという所があります。事業所は、東京の東村山市にありますね。
この業者では、しばしば顧客の車を高く買取っているそうです。オンリーワンに対して口コミなども寄せられていますが、高く買い取られた事で満足したという声も幾つか見られます。

 

ところでなぜオンリーワンでは車を高く買うことができるかというと、主に2つの理由があるようです。まず1つ目ですが、独自の方法で売却をしているようですね。この業者の場合は、オークションに売却をするスタイルのようです。自店で販売しているスタイルではないようですね。

 

そのオークションがとても充実していて、かなり高値で売却できるシステムになっているのだそうです。全国ネットワークでの競り形式になりますので、比較的高い金額で売れる事が多いそうです。

 

またオンリーワンでは、経費がかからないように工夫をしているのだそうです。この業者は、顧客から買取った車をあまり長期間保管しません。上記のオークションに出品をするのですが、それを速やかに行うように心がけているのだそうです。

 

なぜなら車は持っているだけで経費がかかってしまいますね。自動車税や保管料金などがかかってしまうと、維持コストも高くついてしまいます。しかしオンリーワンの場合はあまり長く車を保管する事がありませんので、その維持費用を少なく抑える事ができるのだそうです。
ライフ 下取り

 

すなわちオークションと保管コストの節約という2つの理由で、オンリーワンではしばしば顧客の車を高く買取っている訳ですね。
ちなみにこの業者は、とても信頼できる所だと思います。もしも車の売却を検討しているのであれば、ちょっとオンリーワンで査定を受けてみると良いでしょう。

続きを読む≫ 2014/11/10 21:39:10