年式が古くても車査定で優遇される理由と騒音の規制

年式が古くても車査定で優遇される理由と騒音の規制

車の査定額と年式は、非常に大きな関係があります。年式が新しい方が、もちろん査定額も有利な傾向がありますね。

 

基本的には6年落ちや10年落ちの車などは、ちょっと売却額も厳しくなる傾向があります。10年落ちの車などは、車種によっては査定額をつける事自体難しい事もあるそうです。そのタイプの年式の場合は、10万円台や20万円台という査定額が付く事が多いようですね。

 

ただし、最近はちょっと例外もあります。というのも最近自動車に関する規制が、色々と変化してきているのです。
例えば騒音に対する規制があります。自動車にはもちろんマフラーが付いていますが、あそこから騒音が出るようになっていますね。ところが最近はマフラーに対する規制が厳しくなってきているのです。その規制は、年式と大きな関係があります。

 

マフラーの規制は、年式が新しい車ほど厳しい傾向があるようですね。逆に年式がやや古い車の場合は、それほど厳しく規制をしていない場合があります。ですので年式が古い車であっても、買取り業者によっては高い金額をつけてくれるケースがしばしばあります。

 

ただ買取り業者にも色々ありますね。騒音に関する規制をよく知っている業者もあれば、そうでない業者もあるでしょう。どちらの方が査定額が高めになるかと言えば、やはり前者だと思います。ですので車の買取を依頼する際には、やはり業者を選ぶのがとても大事なのですね。
ただマフラーに関する規制をインターネットだけで調べるのが、少々難しいと思います。業者の公式サイトを見ても、その点に関してはあまり明示されていない事が多いからです。
オデッセイ 買取

 

手っ取り早いのは、やはり一括査定サイトではないでしょうか。やはり複数の業者の金額を比べるのが、車買取の一番の基本ですね。